『オリオン星系の基本的な銀河体系』転載記事



「シリウス文明がやってくる」より

転載開始

*************

o.png

欧州南天文台(European Southern Observatory、ESO)の天体望遠鏡VISTA(Visible and Infrared Survey Telescope for Astronomy)が撮影したオリオン星雲(Orion Nebula、2010年2月8日公開)。(c)AFP/ESO

オリオン星系は、宇宙では、
その名称を「オリオン銀河」といいまして、
全宇宙で、26番目に創造されました。
(西暦2010年2月時点で、2142億7385万3428年前)

オリオン星系は、計「7」個の惑星と、
計「58」個の小惑星、生命系、生態系育成のための
実験段階にある計「114」個の星たちを合わせて、
計「179」個で構成されています。

オリオン星系は、地球物質界においては、
少々、言い方が悪いかもしれませんが、
物欲の限りを尽くした星の人たち
という印象が強く残ります。

良く云えば、体験学習ではあったのですが、
偽神アヌンナキたちに追従するような形となり、
散々、地球物質界を掻き乱して、結果的には、
プレアデス星系、シリウス星系、そして、
良性のゼータ・レチクル種たちによって、
その大部分は、地球物質界から、
追い出されつつある星の人たちです。

このように書きますと、オリオン星系の人たちを、
悪者扱いしているようで、申し訳ないのですが、
「事実は小説よりも奇なり」です。

もちろん、何処の星にも、地球上にも、
様々なタイプの人がいらっしゃるように、
オリオン星系にも、素晴らしい人たちは、
たくさん、いらっしゃいます。

どちらかと云えば、物欲の激しい人たちが、
目立ってしまったということです。

そして、モンスター的な生命体が多く集まっているのも、
印象的であり、それは、オリオン星系内の、
リゲール星が、その代表的な例です。

これも、善い悪いではなく、もともと、
そのような姿形をした生命体である
というだけのことで、UMA(未確認動物、
Unidentified Mysterious Animal)の中では、
ドーバーデーモンと呼ばれる種が、それに当たるようです。


★オリオン星系内の計「7」個の惑星

1. リゲルナ (リゲール)
2. サレスナ (サイフ)
3. エウレスナ (ミンタカ)
4. シィスレナ (アルニタク)
5. アスアーニア (アルニラーム)
6. アウレシーア (ベテルギウース)
7. ミレナリース (ベラトリークス)



いわゆる、モンスター型生命体は、このうちの、
リゲルナ(リゲール)、サレスナ(サイフ)の
2つの惑星に集まっていました。

アウレシーア(ベテルギウース)と、
ミレナリース(ベラトリークス)は、
ギリシャ神話に観られるような、
半分動物種型、半分ヒューマノイド型のような
姿形をした生命体が多く観られます。

真ん中の3つ星である、シィスレナ(アルニタク)、
アスアーニア(アルニラーム)、エウレスナ(ミンタカ)
には、私たち地球人類と見た目も姿形も同質の、
ヒューマノイド型生命体が住んでいます。

オリオン星系の良性の人たちは、
主に、この3つ星に集まっています。

or.jpg

上記写真は、『ウィキペディア(Wikipedia)』より。

オリオン星系内の有名な計「7」惑星ですが、
上記写真を例にすれば、
一番上左上が、アウレシーア(ベテルギウース)、
一番上右上が、ミレナリース(ベラトリークス)、
真ん中3つ星の左側が、シィスレナ(アルニタク)、
真ん中3つ星の中央が、アスアーニア(アルニラーム)、
真ん中3つ星の右側が、エウレスナ(ミンタカ)、
一番下左側が、サレスナ(サイフ)、
一番下右側が、リゲルナ(リゲール)、
となっています。

かつて、知られていた星の名称を、
括弧内にしてあるのには理由がありまして、
オリオン星系では、現在、変革が起きています。

オリオン星系は、これまで、男性性意識が
優位に立っていた星系だったのであり、それは、
地球物質界でこれまで、男尊女卑という、
あまり相応しくない意味での男性性意識社会が、
築かれていたことに観られます。

つまり、オリオン星系は、これから、
男性性意識から、女性性意識のシステムに
移行しつつある段階に入っており、
オリオン星系内の代表的な計「7」惑星はすべて、
女神たちの名前に変更措置が取られました。

それらは実際に、オリオン星系内の女神たちに、
政権交代が起きたのです。

地球物質界の時間軸で云えば、
西暦2009年9月21日ということで、
つい最近のことです。

この変革を先陣切って、推し進めているのは、
オリオン星系全体の新しい総司令官である
ミラさんという女性です。

ミラさんは、アスアーニア星の人であり、
地球人類と全く同じように観える、
ヒューマノイド型生命体です。

オリオン星系は、今回の地球物質界での
体験を終えた後、地球から完全撤退をするつもりでした。

もともと、宇宙では、シリウス星系とオリオン星系とは、
非常に仲が悪く、常に、戦争状態にありましたが、
彼女が新しい総司令官となり、オリオン星系を、
女性性意識のシステムに移行することを、
他の星系の人々とともに検証確認をしましたので、
シリウス星系とは、新しい関係を結ぶことになったようです。

つまり、過去を水に流して、宇宙の進化のために、
お互いに最善を尽くして協力し合う
という体制が築かれつつあります。

そのようなことで、ミラさんは現在、
地球内部世界「アガルタ」に待機していて、
新しいオリオン星系のシステム構築を行ないつつ、
地球と地球人類のアセンション計画に参画しています。
posted by リュウリク at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『オリオン星系から降りて来た酒の神』転載記事


「シリウス文明がやってくる」より

転載開始

************

神社で祀られている御祭神の多くの存在は、
シリウス星系か、プレアデス星系から来た
神人が多いのですが、なかには、
他の星系から降りて来た神人もいらっしゃいます。

日本全国の日枝神社や松尾大社、
松尾神社などに祀られていて、
日本酒や酒造の神として知られています、
大山咋神(おおやまくひのかみ)さんがその1柱です。

大山咋神さんは、オリオン星系のアスアーニアから
降りて来た、ヒューマノイド型生命体の神人です。

西洋にバッカスさんという、葡萄酒(ワイン)、
酒類全般の神さまがいらっしゃいますが、
バッカスさんは、大山咋神さんの弟さんに当たり、
同様に、オリオン星系アスアーニアから降りて来ました。

大山咋神さんが日本神界に入ったのに対して、
バッカスさんは、海外諸国、つまり、
西洋神界のほうに入りました。

ローマ神話のバッカスさんと、
ギリシャ神話のディオニューソスさんとは、
同一神(本体、本霊)です。

日本では、日本酒のことを御神酒(おみき)と云いますように、
日本酒は神の酒であり、大山咋神さんからの賜り物です。

西洋でも同様に、葡萄酒であっても、ビール、
ウイスキー、ブランデー、ウォッカなどであっても、
酒類全般は、バッカスさんからの賜り物です。

スピリチュアルの世界や精神世界では、
お酒は良くないものだと云われることが
あるのかもしれませんが、それは、
部分的に間違いです。

“お酒は飲んでも飲まれるな”と云うとき、
お酒は、加減が大事ですよ、適量にしてくださいね、
ということであり、飲み方によっては、
「酒は百薬の長」にもなりますし、
限度を超えて飲み過ぎれば、「酒は百毒の長」
ということで、アルコール依存症や、
急性アルコール中毒になったりもします。

この適量加減が難しいのかもしれませんが、
気持ち悪くなる、気分が悪くなるまで飲む、
あるいは、記憶を失う、自分自身を失う、
という状態まで飲むのは、限度を超えているでしょう。

アルコール依存症や酒乱という症状が起きた場合、
これらは、ネガティヴ思考が強い方に起きます。

このように、お酒を飲む際にも気をつける必要があるとしたら、
ポジティヴ(光)側にアクセスするか、
ネガティヴ(闇)側にアクセスするかといったことで、
状況は全く変化してきます。

ですから、お酒は、あくまでも、嬉しい、
楽しい気分で飲まれることが前提としてあります。

お酒が、ポジティヴ(光)側にも、
ネガティヴ(闇)側にもアクセス可能であるということは、
つまり、お酒には、霊的覚醒作用があるということです。

宗教の世界で、飲酒を禁止したのは、
酒類が、霊的覚醒に繋がるからです。

宗教ビジネスにとっては、聖職者が
神との仲介者であるのが絶対であり、
一個人が、神、あるいは、高次元のスピリチュアル・ガイドたち
と繋がってしまうのは、商売上がったりになるから、
酒類の飲酒を禁止したのであり、これは、
『旧約聖書』による偽神アヌンナキたちの仕業です。

御神酒を、「おみき」という読み方をするその理由は、
樹木の幹(みき)から来ていまして、お酒は、
霊的覚醒するための薬として、
神さまから贈られてきた飲み物です。

それは、自分自身を、樹木の幹とすることにありまして、
樹木の幹とは、神のパイプ、光のパイプになるということです。

宇宙根源の「生命の樹」が大宇宙であるのに対して、
自分自身の身体、人体は小宇宙を表します。

ヒューマノイド型生命体である、私たちのこの身体は、
神の身体そのものです。

この身体を、光のパイプとすることを可能とするのが、
お酒でもあるということです。

普通一般の方々が、お酒を飲む際に、
霊的覚醒作用を効率良く働かせるためには、
自分自身が、樹木の幹であるということをイメージします。

樹木の幹は、地中から養分の含まれている
水を体内に吸収して、自分自身の血液とします。

血液は体内を巡り、樹木全体に行き渡らせます。

あるときは、空から雨が降って来て、
その雨も、樹木全体を潤し、体内に浸透してゆき、
隅々まで、活き活きとさせるための潤滑油となります。

この、地中から吸収した水も、空から降って来た雨も、
自分自身が、いま飲んでいるお酒です。

このようなイメージ、想像力を働かせながら、
お酒を飲むことによって、霊的覚醒作用を促進させ、
光のネットワークに繋がり、「内なる声」を聴く、あるいは、
高次元のスピリチュアル・ガイドたちに繋がることが可能となります。

ですが、このとき、一切のネガティヴ思考を
解き放つことが、基本事項、お約束事となっています。

また、格闘技やボクシングの世界などで、
お酒は、選手生命を縮めるとか、筋肉に悪い影響を与える、
などということも、試合直前や調整期間を避ければ、
問題にはならないはずです。

なぜならば、霊的に覚醒作用があるということは、
肉体的身体にも覚醒作用が働くことになるからですが、
これも、適量加減が大切であるということが云われています。

ただ、人には個人差や体質がありますので、
無理にお酒を飲むのはよくありませんし、
アルコール依存症からの体質改善や
療養中にある方には、必ずしもおススメは出来ません。

体質的に弱い方には、アルコール度数3%ぐらいの、
缶チューハイや、梅酒やサングリアなど、
比較的飲み易い酒類がよろしいのではないでしょうか。

それ以外の場合は、自己責任で宜しくお願い申し上げます。

(Kagariは、飲んだくれ疑惑で証人喚問か★)


*************

転載終わり
posted by リュウリク at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『琴座星系の基本的な銀河体系』転載記事


「シリウス文明がやってくる」より

転載開始

*************

v.jpg

(上記写真は、「PIZの宝石箱」サイトから
引用させて頂きました、どうもありがとうございます★)

琴座星系は、宇宙では、
その名称を「リラ銀河」といいまして、
全宇宙で、18番目に創造されました。
(西暦2010年3月時点で、2792億8457万3741年前)

琴座星系は、計「7」個の惑星と、
計「15」個の小惑星の計「22」個で構成されています。

その他に、生命系、生態系育成のための
実験段階にある計「242」個の星たちを合わせて、
全部で計「264」個が存在しています。

琴座について書かれてある本で、
『プリズム・オブ・リラ』(原題:The Prism Of Lyra)
リサ・ロイヤルさん、キース・プリーストさん共著
があります。

この本では、ヒューマノイド型生命体の発祥地は、
琴座星系であると書かれてありますが、これは間違いです。

ヒューマノイド型生命体の発祥地は、
全宇宙で2番目に創造された「ひまわり銀河」まで遡ります。

『プリズム・オブ・リラ』の情報源は、
良性のゼータ・レチクル人であり、
アクセス先の場所は、地球内部世界「アガルタ」です。

この本は、霊的リーディング純度(真実性)が100%中85%で、
15%の個人意識フィルターが掛かっています。

これは、かなりの「魔」からの邪魔が入って、
霊的リーディングに苦労されたかもしれませんが、
ヒューマノイド型生命体の発祥地という部分を外せば、
おおよそのところの記述は、問題ありません。

『プリズム・オブ・リラ』の中に書かれてある
琴座文明とは、琴座星系の中のリラのことです。

琴座星系は、シリウス星系と同様に、
宇宙空港ターミナルです。

ここから、様々な異なる宇宙の軸へと出て行ったり、
ここへ入って行ったりという、大変に忙しく、
賑やかな星系となっています。

例えば、琴座星系から、他の宇宙の軸へと出て行って、
摩訶不思議な転生の旅を続けて、
今度は、シリウス星系に入って来て、そのまま、
地球に転生して来たという方も多くいらっしゃいます。

琴座星系の中にもまた、私たち地球人類と同様に、
同型、同質のヒューマノイド型生命体がいます。

しかし、琴座星系は、どの惑星も、ヒューマノイド型生命体と、
異形種の生命体たちが、普通に、混在して生活しています。

それは、一見、ヒューマノイド型のようでいて、
昆虫類の頭部を持つ生命体であったり、
動物種の頭部を持つ生命体であったりです。

古代エジプト文明やヒンドゥー神として知られる
神々の姿の原型は、琴座星系にあると云ってもいいでしょう。


★琴座星系内の計「7」個の惑星

1. ヴェガ (α・アルファ星)
2. シェリアーク (β・ベータ星)
3. スラファート (γ・ガンマ星)
4. エイペックス (δ・デルタ星)
5. エクアドーレル (ε・イプシロン星)
6. リラ (ζ・ゼータ星)
7. フェイシエ
posted by リュウリク at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙の流れを知り、運命の環をまわす未来移行コミットWS

先月の記事でもお伝えしましたように、
12月3日に大きなエネルギーシフト・パラレルシフトが起こります。
その日に向け、「宇宙の流れを知り、運命を創る未来移行コミットWS」
を11月18日(新月)/19日(福山サロン)
12月2日/3日(京奈サロン)にて開催致します。

無題.png

このWSは私が今年の7月に受けてきた
私の敬愛する、陽だまりの森・真さんによる
『運命の輪をまわし時の流れを優雅に生きる 未来移行コミットワークショップ 〜2017年後半〜2018年の生き方〜』
の内容を土台にしたWSとなります。
また、私をサポートしてくれている守護天使、天之御中主様、瀬織津姫様、月読尊様、素戔嗚様、菊理姫様達のお力を借り、シリウスのエネルギーを流してまいります。


下記SFWSより抜粋

来年2018年は怒涛の年を迎えるという事でした。

ある人達には成長する飛躍の年。
ある人達には混乱の年といえましょう。

恐らく現状多くの人が混乱の年を
迎えると話しています。

2017年残りをどの様な考えで
過ごして行くのかが非常に重要であり、
いかに自分自身に正直に生きてゆくのかで
大きな違いが出るそうです。


この日のワークショプを受講しますと
あらゆるレベルでエネルギーが
アップグレードされてゆきます。

エネルギーがアップグレードしてゆきますと、
あなたの持つ魂の、エネルギーシステムに
大きな影響を与えるでしょう。

気づきのレベルが各段に上がり、
現実がアップグレードされていきます。


ご参加者に翌日は遠隔ヒーリングを行い、
新月の力を借りて、パワフルなエネルギーを流してゆきます。
このエネルギーを浴びる事で
より、自分が望んだ未来のエネルギーを
肉体にダウンロードする事が出来ます。


また、今回はあなたが生きてきて、埋め込まれてしまった
過ったDNAの書き換えと修復を行うそうです。

これを行う事によってあなたの魂が活性化し
輝きが増し、あなたの古き思考パターンを癒してくれるとのこと。

2018年を優雅に思い通りの人生を過ごして行きたい方
自分らしく目覚めた人生を送りたい人に必要不可欠なワークショプです!

o0660044512406652112.jpg


〜ワークショップの内容〜

▼△▲今までの地球、そしてこれからの地球についての基礎知識▼△▲

今までの地球の時の流れの基礎知識をお伝えしてゆきます。

この基礎的知識を知ると、あなたの今まで経験してきた人生で
これらがいかに影響していたのかを知る事ができます。

何故自分の人生でそれらが起こっていたのか?
自分はその時の流れをどの様に生きていたのかを
振り返ることが出来ます。


▼△▲現時点でチャネルした2018年の情報・方向性について▼△▲


▼△▲2017年残り 未来の情報と、年末までに行う必要なことの重要な情報▼△▲



▼△▲望んだ未来を創る為のパラレルドリームマップ作り▼△▲

map.jpg

「今のあなたはあなたが優先してきた優先順位の結果である」

こんな言葉を聞いたことはありませんでしょうか?
今あなたには叶えたい夢はありますか?そしてその夢は叶い始めていますか?

『ドリームマップ』とは直訳すると夢への地図という意味です。
つまり、夢(目標)への達成地図のこと。

将来の自分の姿をビジュアル化し、台紙の上に写真や文字で表す自己実現の
ための目標達成の地図を作成してゆきます。

今のあなたの人生は、あなたが優先してきた優先順位の結果が全て反映されています。

本気で夢を叶えたい…そういう場合はその夢をビジュアライズ≪視覚化≫すると
あなたの潜在意識にインプットされ、それがあなたの行動へと繋がってゆきます。

「どれだけ前向きでも地図が間違っていたらゴールには辿り着けません。」

あなたがもし、何か叶えたい夢をもっていたとしましょう。
しかし、どれだけあなたが前向きだったとしても、
沢山の努力をしても、あなたが思い描く地図が間違っていたら本当の目的地には辿り着けません。

私たちには誰しも自分が想像したものを現実化する力を持っています。
(そう、既にあなたは夢を叶えているのです!)
しかし、リアルに叶えられると信じられるものしか現実化することが出来ないのです。

そして私たちはこんな風になりたいな…叶ったらいいな…とぼんやり考えて
ぼんやりとした叶ったらいいなと思い続けている夢を叶えているのです。

自分の人生を自分の生きたいように生きている人は常に自分の目的が明確です。
あなたのこれから叶えたい、ワクワクする人生の地図を作って頂きます



▼△▲ハイヤーセルフ(高次元の自分自身)や守護天使たちと繋がりあなたの新たなる誕生と目覚め【リ・コネクト】の誘導アチューメントする▼△▲



誰もがみな、私のように『守護天使』や『ハイヤーセルフ』とコンタクトが出来る能力と才能があります。

ここではあなたの守護天使たちとともに、チャネリングによる誘導瞑想を行います。
この誘導瞑想は瞑想というよりもどちらかというと、
真実のあなたと繋がるいわば『儀式』に近いでしょう。
この誘導瞑想を通じて、参加者は様々な体験をするでしょう。
あなたの守護天使、もしくはハイヤーセルフがあなたに何かを伝えてくれるはずです。

ワーク中にあなたが感じ、力強く表現するかもしれないストーリーはあなただけのものです。
あなた自身の【真実の自分】と再結合するプロセスを体験することにより、大きな気づきがもたらされるでしょう。


lgf01a201404071000.jpg



【こんな事に興味がある方にとってお勧めのワークショップとなります】

・未来の情報を知り、上手に活用されたい方
・本当の自分自身を目覚めさせ、創造主としての自分を思い出し、
自分自身をマスターする知恵を授かりたい方
・今の自分自身のエネルギーレベルを向上させたい方
・引き寄せの力を加速させ強めたい方
・天使や大天使大好きな方
・ハイヤーセルフ(高次元の自分)や守護天使と対話してみたい方
・スターライトシード(宇宙の光の種)という言葉に何かを感じた方
・天使や他の存在たちと繋がるチャネリングを見てみたい方
・サイキック能力を強めたい方
・自分の未来のライフヴィジョン(未来の世界)を決めたい方


【開催日程】
<福山サロン>
(1日目)11月18日(土)新月13:00〜17:00
(2日目)11月19日(日)  22:30〜23:00
※19日は遠隔でのワークです

<京奈サロン>
(1日目)12月2日(土)13:00〜17:00
(2日目)12月3日(日)22:30〜23:00
※3日は遠隔でのワークです


【金額】12,000円(税込)
早期割引 8,000円 (11月4日までにご入金された方)

posted by リュウリク at 17:28 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都市西京区の月読神社

台風21号による日本列島浄化が始まっていますね。
台風進路付近にお住いの皆様、十分ご注意くださいませ。
大雨や台風の大きな意味は『浄化』です。
雨が続いた後の空の空気は清廉でとても綺麗になっています。
雨が降ったり、台風が来ると憂鬱になる方もいらっしゃるかもしれませんが、
雨や台風にはそういった意味があることを知り、
ご自身も「浄化」を意識してみると良いと思います。
雨の日の神社参拝もお勧めです。



さて、京都の嵐山にある松尾大社の摂社である月読神社。
京都のなかでも私の好きな神社の一つです。

S_6870222519946.jpg

赤い鳥居をくぐり、まずは本殿にご挨拶します。

S_6870222396513.jpg

S_6870222384409.jpg


ここは敷地内にいろんなスポットがあって、楽しめます(*^^*)
本殿に向かって右側に進みますと、まずは子授け・安産の「月延石」があります。

S_6870222496026.jpg


そしてその隣には一つの根から3つの幹が伸びている「むすびの木」
S_6870222496338.jpg



本殿を向かって左側を進むと、
「聖徳太子社」と
S_6870222498376.jpg

「御船社」
S_6870222508933.jpg

『船』や『羽』の漢字ががある神社付近の場所は、
昔、マカバ(UFO)の発着地があった場所の名残です。


そしてその隣には
「願掛け陰陽石」
S_6870222510861.jpg


とても強いパワーが降りて来ている場所なので、
京都の嵐山まで来られる機会がある方は
是非、松尾大社とこの月読神社をお参りくださいませ。


松尾大社から徒歩5分くらいの場所にあります。



posted by リュウリク at 12:14 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする