私たちはもともと両性一体だった

私たちはもともと両性一体であった・・・


今回もM.ドーリル博士の『カバラの眞義』から
お伝え可能な部分を抜粋してお話ししてみたいと思います。


 彼らは物質界に降りて来て、この結晶化した霊体に働きかけ、
その魂を暗黒の印象から解放させようと努力したが、内なる魂が
暗黒を受け入れて保持しており、その内部でその核が正常で
完全である限りは解脱さすことは出来なかった。
 ・・・
 彼らは姿、つまり実質の形態から解き放たれたが、暗黒によって
苦しめられていたのである。そこで完全なる魂たちは、別の力を創造して
これらの魂たちに向けて発した。するとこれらの魂たちが分裂して二分された。
 ・・・
 ”聖”からの衝動効果を分け破ってネガテブの重荷から完全なる魂を
引き離し自由にしようとしたのであるがそれは、ただ単に魂を二分させるだけ
となり、各魂にネガテブの束縛が残ったのである。魂は二分され、
一方はネガテブ極に、他方はポジテブ極となった。
 ・・・
  最初は、この二つの極性が一つの細胞(魂)の中にあったのだ

 

ここでいう、「ネガテブの重荷」の「ネガテブ」とは一般的に使われている
ネガテブの意味ではなくて、「不調和・不秩序」の意味です。
それから最初に出てくる「暗黒」というのも「不調和・不秩序」の意味です。

一方は「ネガテブ極」他方は「ポジテブ極」というのも、一般的に使われている
ネガテブ、ポジテブの意味ではなくて、ここでは
ネガテブ極(陰・女性)、ポジテブ極(陽・男性)という意味です。



 ネガテブとポジテブとを二つに分かれさせていた魂の最初の衝動は、
この二つの魂が再び結合して一体になろうというものであった。
そして、彼らは肉体によって相互に分離していたのであるから、
結合して再び一体とならんとの衝動が、肉体内におこったのである。
 換言すれば、人間における最初の性衝動は、
肉体的なものではなく、霊的なものだったのである。
 それは魂の二つの極性が一体たらんとする欲求だったのである。
 ・・・
 古代知恵では、生殖機能は、種が存続繁栄するために子を産んで
新肉体に魂を入らせるためのものだけでなく、高度の意味では、
霊界心界における二つの魂の結びつきをも意味しているのである。
 ・・・
 古代知恵では、その行動が心的霊的諸特性をも同調させるものである時には
両者の間の障壁を取り除いて、両者が高級界で一体化するように助けるのだ
と教えられてきた。
 だから東洋では性的エネルギーは、霊的に変質昇華しなければならない
と言われているのである。
 東洋における最初の法則は次の通りである。
 性衝動は頭の方にひきつけてもっていって、
そこで魂の門(松果腺)に集中させなければならない。
するとそこで肉体におけるのと同様に魂の同調が行われる。




「魂の片割れがいる」と言われている元の話です。
今この時期は自分の魂の片割れと出会う可能性が高いといわれています。
今回この地球に生まれてきたこの生を最後に
地球を去ると決めている魂が多く存在するからです。

この魂の片割れ―ツインソウルとのことはいろいろなところで
いろいろな人が言っていることだし、いろいろな本が出ていますよね。

霊性が高まっていき、本来の自分自身になっていったときに、
今現在いるパートナーがツインソウルであったことに気づくことになったり、
またはツインソウルとの突然の出会いを果たしたりする、
と言われています。


そして、後半のお話し。
性行動についてです。

性行動って本来はとっても神聖なものなんですよね〜。

なんでこのことを載せたかというと、
私自身、性行動について、親とか過去世とか今世でも
まぁいろんな影響を受けて
少し歪んだ捉え方をしていた時期があるんです。
ざっくりというと「辛いもの」という捉え方です。

でもそれって何か違うって思ってて、
というか辛くなりすぎてしまって、
いろいろ本で調べた時期がありました。

東洋では、千賀一生さんの『タオの法則 老子の秘儀』、
トム・ケニオン、ジュディ・シオンさんの
『マグダラの書―ホルスの錬金術とイシスの性魔術 』などを
読んで、それと当時お付き合いしていた方の協力を頂き、
いろんな私のなかの誤解やしこりがほどけていきました・・・。

両者の合意の上での性行為は、とても神聖なもので、
宇宙エネルギーの交換とも言えるものなのです。


気になる方は是非チェックしてみて下さいね!
別に「辛い」と思っていない方でもそれらの本を読むと
新しい素晴らしい気づきがあると思います・・・!



posted by リュウリク at 21:43 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椅子の4分の3を占領しています




そんなにしてまで近くで一緒に居たいのね……

4分の3でなくてほぼ5分の4だね。
posted by リュウリク at 23:41 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大天使ガブリエルからのメッセージ

M.ドーリル博士の『カバラの眞義』のことについて
これまで何回かに分けてお話ししてきたのですが、
少し間が空いてしまいました・・・。
実はまだ『カバラの眞義』については書きたいことがあるのですが、
今日は大天使ガブリエルからのメッセージをお伝えします。

大天使ガブリエルは、「キリストの受胎告知」で聖書にも出てくる天使で
比較的有名な大天使です。

今、この時期はこの大天使ガブリエルが沢山降りて来ていると言われています。
(天使は多次元的存在なので、同時刻にいくつもの違う場所へ存在することが
できるのです)
それはあらゆるメッセンジャーたちのサポート、
私たちの『表現すること』についてサポートをしてくれる天使だから
という理由が挙げられます。

昨日、通っているヨガの時にも降りて来てくださっていました。


大天使ガブリエル.jpg


大天使ガブリエル様、いつもサポートしてくださってありがとうございます。
私たちに何かメッセージがあれば教えてください。
お願いします。



書くことを恐れないで。
自分を表現することを恐れないでほしいのです。何故なら自分を表現するということはあなたの人生の目的の一つでもあるからです。私はいつでもサポートする準備ができています

あなたのなかの光輝く魂、柔らかくそして深い愛の灯火−それらを育んだ後、その素晴らしい光をその優しい愛を是非とも周りに広げていってほしいのです。

その手を使って文章を書く、絵を描く、楽器を奏でる、何かを形作る、その声帯を使って声を発する、歌を歌う、話をする、または講演会を開く、体全体を使って表現する、踊ってみる、動いてみる、その創造力を使って、新しいものを生み出す。そのことがどんなに素晴らしいことか・・・!!

私の名を呼んでもらえればすぐに参ります。そしてあなたをサポートすることを約束します。あなたの直観、頭に浮かんでくることに耳を傾けて。それは私からのメッセージでもあります。

今はあらゆる恐れを手放してください。そうして本来あなたの魂は自由であることを知ってください。自由に自分を表現すること、の意味を知ってください。それはきっとあなたの人生をより健やかなものにすることでしょう。

本来の自分を押し殺して生きていくということは健全ではありません。
もっと自由に、もっと軽やかに、もっと健やかに、より自然体で居られるように、あなたは心掛けてください。そして私はそれをサポートします。


posted by リュウリク at 00:02 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大天使ガブリエルからのメッセージ その2

先日、大天使ガブリエルからのメッセージを伝えさせていただきました。


私の都合で途中チャネリングが途絶えてしまい、
まだ追加のメッセージがありそうだったので、
その2として、少しの文章ですが、
繋がって、頂いたので、お伝えします。



頭で考えるのでなくて心で感じて。
私はメッセンジャーを助けます。
それは神の声を届けるということ。
きっとそれは誰にでも備わっている能力。
どうか神の声を聴きとってください。
神の声とは自分のなかの奥深くにある本来の自分の声のこと。
あなた方はもうすでにその声に気が付き始めています。



ガブリエルという名前は「神は私の力」という意味です。
この意味は誰にとっても同じことが言えます。
あなたの経歴がどんなものであろうとも、
あなたには神の力が絶えず流れています。
怖れることなく、この力に気づくように、
大天使ガブリエルは助けてくれます。


大天使ガブリエルは「あらゆるメッセンジャーを助ける」役割のほかに
「子どもたちを育む」サポート、「明確なメッセージ」が欲しいときのサポート
などをしてくれます。


大天使ガブリエルに呼びかける例
(ドリーン・バーチューの『アークエンジェルズ 15人の大天使』より)

〇大天使ガブリエル、【あなたの仕事の分野】を職業として
 メッセージを伝える私を導き、支え、人々に聖なる光と愛を
 注げるよう助けてください。

〇大天使ガブリエル、愛する子どもを育てる私を助けてくれてありがとう。
 私と子どもを見守り、健やかさと幸せを与えてください。

〇大天使ガブリエル、世界中の子どもに祝福を与えるために、
 私が生きる意味を活かせる仕事に就けるように導いてください。

〇大天使ガブリエル、【あなたが気になっていること】について
 明らかなメッセージを与えてくれてありがとう。
 私が、ほかの人たちに対してあなたのような役割を果たせるよう 
 導き、支えてくれてありがとう。


こういった呼びかけは、実際に声に出してもいいですし、
心の中で思い浮かべるだけでも構いません。

あなたが何かについて知りたいとき、私を呼んで下さい
と言われています。

地球のアカシックレコードの書き換えは、この大天使ガブリエルが行っている
とも言われています。

是非、大天使ガブリエルを呼びかけてみて下さい。
そしてその時にあなたが感じたことがその問いかけに関する答えです。
posted by リュウリク at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インナーチャイルド 〜大天使ラファエルからのメッセージ〜

これは私自身で行ったリーディングではなく、
私の信頼するある方の行ったリーディング内容です。
一応その方の許可を得て、掲載させていただきます。


あなたの中には、内なる子供がいます。
内なる子供とは、あなたの中にある純粋な子供心、遊び心です。

その内なる子供に対して、
優しく癒してあげてください。

あなたはこれまで、
自分には厳しく、他人には優しく
ということが美徳であると教えられてきたことでしょう。

あなたの夢や目標を達成するために、
また、霊性を高めるために、
自分自身に厳しく努めてきたことを、
とても誇らしく想っています。

ただ、厳しすぎるのが必ずしも良いというわけではありません。

時には、遊びも必要です。
いつも張り詰めた状態でいたのでは、
疲れ果て、何も見えなくなってしまい、
迷子になり、進むべき道を見失ってしまうこともあります。

バイオリンやギターの弦のように、
きつく張り過ぎてしまったら、
プッツリと切れてしまいますね。

時には、立ち止まることも必要です。
それは決して、物事を停滞させてしまうわけではないのです。

早く、少しでも前に進みたいという、
あなたの気持ちはよくわかります。

時には、人生の休息を取ることも必要です。
そのとき、あなたは自分自身の心の奥底にある
深淵を見つめてみるのです。

あなたの心の中に、心が安らぐような美しい森林を思い浮かべてください。
その森林を奥深く辿っていくと、小さな青い湖があります。
湖は、木漏れ日を浴びながら、キラキラと光り輝いています。
その小さな青い湖を目の前にして、あなたは静かに座ります。
じっと湖面を見つめていると、細波が波紋を描くように、
絶え間なく続いて拡がってゆきます。

そこに、あなたが本当はどうしたいのか、
どうしてゆきたいのかの答えが、
細波と共に、あなたの足元に辿り着きます。

そのようにして、あなたの内面をじっと見つめてみてください。

時には、その湖のほとりで、
寝そべってみたり、走り回ってみたり、
あなたの内なる子供を、自由に遊ばせてみてください。

今まで、どうしようもなく困難だと思えたことが、
嘘のように簡単なことに思えてくるでしょう。

あなたは、あなたの中に居る、
内なる子供を疎かにしてはいけません。

あなたの内なる子供こそが、
あなたを真に導く鍵を握っているのです。



大天使ラファエル より
posted by リュウリク at 16:22 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする